金のホイッスル

期間限定Tポイントの使い方からわかった、僕と親の差。

皆さま、こんにちは。こんばんは。金笛です。

今回は、期間限定Tポイントの使い方について、お話してみたいと思います。



僕は去年に、YAHOOカードを作りました。

宣伝されているのをよくみかけると思いますが、入会すると8,000ポイント貰えるという、あのカードです。

実際には、入会して5,000ポイントが進呈され、その後YAHOOカードで決済をすることで、後で3,000ポイントが進呈されます。

とりあえず、審査が通れば5,000円貰えるような感覚になります。

ただし、期間限定のTポイントですから、有効期限は4~5か月です。それまでに使わないと失効します。



さて、先日に父も新たにYAHOOカードを申し込みました。例によって、父にも5,000ポイントが進呈されました。しかし、その5,000ポイントの使い方に、どうも違和感を覚えました。

僕と父の使い方の違いです。



僕の場合、申し込むタイミングは、予め欲しい機材をリストアップした時でした。買うものをしっかり決めてから、申し込みました。

僕自身、自分で事業をやっていることもあって、作業効率の改善のために、機材を導入するというのが目的です。

まず、最初の5,000ポイントを使ったのが、この半田吸いとり機です。
b20171211-01.jpg

電動工具ですので18,000円弱と、値段も張ります。これに5000ポイントを使って、13,000円で購入しました。本来なら13,000円をYAHOOカードで支払えば、利用特典の3,000ポイント進呈の条件を達成できますが、僕はクレジット決済には消極的で、この時はデビットカードを使いました。電子部品の交換作業で、スピーディかつ安全に作業するために必要なものです。


18,000円の商品を購入、さらに、ポイント倍率があがる特典と、ストアがやっていたポイントセールを、諸々合わせると、20%くらい還元されてきました。だいたい4,000ポイントですね。

その4,000ポイントの中には、期間限定ポイントも含まれます。ですから、早いうちに使わないと失効します。

そこで、残りの4,000ポイントは、椅子を買っていたので傷防止用にフローリング用のマット3,000円と、手元を明るくするためにLEDスタンドライト3,000円に使いました。LEDの方がポイントが足らないので、差額をYAHOOカードで決済しました。これで、利用特典の条件を達成したので、後で3,000ポイントが貰えます。




b20180226-01.jpg

その後、まだ3,000ポイントは進呈されていなかったですが、モバイルPCが必要になって23,000円で購入しました。5のつく日に購入したので、約4,000ポイントを獲得しました。

暫くして利用特典の3,000ポイントが進呈され、手もちは計7,000ポイントです。



その7,000ポイントを電動ドライバーに使いました。ネジの脱着が多い僕の作業では、とても重宝するものです。通常17,000円のところを、10,000円でゲット。

b20180226-02.jpg


また2,400ポイントくらい還元されてくるので、何か追加したい物があればそれに使い、もし何もなければ消耗品で使いきってしまうということになると思います。



ざっと、こんな感じになりましたが、期間限定ポイントというのが曲者で、使うとまたポイントが入ってきてしまい、失効するともったいないという気持ちになって、ちょっと無理をしてでも何か買ってしまう。少なからず、差額を支払うことでしょうから、回数を重ねることで金額が積み上がります。いわゆる、Tポイントを循環されられているようなイメージです。



一方で、僕の父はというと、

ポイントが貰えるという魅力に惹かれて、YAHOO!カードを申し込みました。既にカードは何枚も持っていますが...

ひとまず5,000ポイントを獲得しました。

それから、その5,000ポイントを、何に使おうか、Yahooショッピングとヤフオクを眺めていました。

眺めていたのは、肉と酒でしたね。もうその時点で、どうして胃の中に消えて無くなる物に使うのかと、とても疑問に思いました。

結局、ワインを買ったそうです。ちなみにワイン収集が趣味になっているので、自宅には山ほどあります。


それで、5,000ポイント全額使ったのかと思いきや、何か買うものは無い?と聞いてきたわけです。何でか聞くと、3,000円ポイントが欲しいからと言ってきました。恐らく5,000ポイント使い切ってないので、YAHOOカードで決済していなかったんだと思います。

欲しければ、5000円+αの物を買って、ちょっとの差額でも決済すれば、条件達成できるのに、何でわざわざ安い物買っているのかが理解できませんでした。一番いけないのが、4,980円の酒にポイントで払って、利用特典を貰いたいがために、また違う酒を買ってしまうことです。余計に出費が増えます。

3,000ポイントの進呈は、実は1~2か月後で、結構時間が掛かります。そこでも、また同じ物を買ってしまえば、合計8,000ポイントは胃袋の中へ消えます。




僕と父で一番違う所は、Tポイントを「投資」に使うか、「浪費」するか、です。

8,000円という金額は僕にとってはありがたい物ですから、有効活用するのが当然です。上手くポイントを循環させてやることで、値段が高い電動工具も安く、しかも複数導入することができました。結果的に、作業の効率、スピードも上がり、疲れも少なくなりました。それよりも、時間の節約に大きく貢献してくれているのが嬉しいですね。

もし、ろくでもない物に使ってしまえば、逆に浪費が更に多くなってしまいます。1回の金額はポイントを使うことで安く見えますが、期間限定ポイントの罠にかかると、気づかぬうちに買い物の回数が増え、金額がどんどん積み上がっていきます。



8,000ポイントを貰えるという特典は、申し込んでから1回きりしか受けれませんから、使ったら何もリターンがない物を買うくらいなら、特典は受けない方がよいです。なおさら、他にカードがあるなら無理に申し込む必要などないと思います。

僕と父で、考え方が全然違っているようでした。これが、いわゆるサラリーマン思考との違いというものなんでしょうか。

使い方は人それぞれ自由なので、わざわざ制止したくはありません。

今回のTポイントの使い方で、頂いた金をすぐ溝へ捨てるような人間には絶対成りたくないという気持ちが強まりました。








関連記事

名鉄蒲郡線から見る初日の出。

 さて、今年の初日の出ですが、今朝の5時前に出発し、駅まで徒歩30分の道のりを歩いていきました。路線バスもありますが、始発は6時台なので、始発電車に乗るには歩きしかありません。これはもう恒例になってます。


 今回は電車に乗りながら初日の出を見るというプランで、フリーきっぷを使いました。名鉄線が三が日限定で、一日1,700円で乗り放題というフリーきっぷです。

 まず名鉄東岡崎駅の始発列車で前後まで出ました。5:34発が始発です。

 始発列車に乗りながらどこへ行こうか考えたところ、蒲郡方面なら時間的にも合いそうということで、前後から反転して蒲郡方面へ進みました。

 新安城から西尾線に乗りました。その時は6時過ぎで、東(進行方向左側)の空が徐々に徐々に明るくなってきました。

 蒲郡線の乗換駅である吉良吉田には7時に到着し、今にも太陽が姿を見せそうな雰囲気でした。いざ、蒲郡線で初日の出へ。





wallpaper20180101.jpg



 天気予報が曇りになったり晴れになったりと、予報がたびたび変わって心配でしたが、ばっちり見れました。

 これを撮影したのは、こともの国~西浦間です。名鉄の中でも海に一番近い場所を通ることもあり、車内からは三河湾とのコラボレーションが楽しめました。

 それに蒲郡線は利用客減少によって将来は廃線も危ぶまれるローカル線です。蒲郡線に乗ったのもいつ以来でしょうか。だいぶ長いこと乗っていません。岡崎から蒲郡へのアクセスはJRがもう当たり前になってますが、こんなに海の側を走る路線という事では魅力のある路線だと思います。昔は観光路線として賑わっていたくらいですからね。

 
 
 今年も綺麗に見れて良かったです。いいですね、電車で移動しながら見るのも。

 
関連記事

謹賀新年2018・今年もよろしくお願いいたします。

皆様、新年明けましておめでとうございます。



早速ですが、これから初日の出を見ながらの乗り鉄をしに行ってきますが、天気予報を見るとちょっと怪しそうですね...

電車に乗れればいいやという軽い気分で行ってこようと思います。

今年はどんな壁紙になるのでしょうね。

いつの間にか壁紙がその年の初日の出の画像というルーティーンになってしまいました(笑)



 今年の目標という大きなものも大事ですが、来月の目標、明日の目標という小さなものも大事だと思います。数学の積分みたいに微小なものを積み上げる事を意識して過ごしたいと思います。今年も目標というものほど、数ヶ月経てばどうせ忘れますから、小さいステップを意識して行動するのが良策ですね。


関連記事

去年と今年を比べると雲泥の差。

 2017年も今日で終わりますね。ブログの壁紙も、今年の日が沈んだということで、元旦に2018年の日の出の壁紙にします。今回は電車旅をしながら初日の出を見るというプランです。ですので、フリーきっぷも準備しました。

20171231184848fc6.jpg



 寒い中では電池も減り易く、前回切れそうになった反省を踏まえて、大容量のモバイルバッテリーも用意しました。青春18きっぷで長時間電車に乗る時にも必須だと思います。特に中央線経由で東京から帰省すると、いっつも電池ギリギリ(笑)

20171231175059a0c.jpg




 さて今年の1年ですが、僕にとってはとても成長感を感じる事が出来た1年でした。去年(2016年)は、僕は大学2年生で、その時はまだ普通に大学に行って、バイトしてというような感じで、普通に過ごしていた感じですね。普通に過ごしたので、「もう今年終わるのか。」というような気持ちになりました。

 今年はというと、前期まではまだ普通に大学に通い授業を受けていましたが、後期からは休学という決断をし事業に打ち込むことにしました。今日の時点での率直な感想ですが、休学しなければこんなに技術や知識を得れなかったです。それに、「今年の間にこんなに出来るようになったのか。」と前向きに思えています。ぼーっと1年過ごしたらどうなってたかを想像すると、ひやっとしますね。

 アルバイトと自営業では、達成感がまるで違うように思いました。アルバイトはただマニュアルに従って作業をこなすだけというのが殆どでしたが、自分で事業を行って自らお客様にサービスを提供したことで、直接感謝の声を聞く事が出来る。それが何よりモチベーションアップになりますね。去年までは働いた時間だけお金を頂くという労働者思考でしたが、徐々に価値を提供しただけお金を頂く事業者思考に変化してきました。バイトを辞めてなかったら、成長度合いは少なかったかもしれません。

 一番嬉しかったのは、お客様とお話していて、オーディオ店というと殆どの方が、ご年配の方がやっているイメージがあるようで、いざお会いして驚かれる事がよくありましたが、応援の言葉をくださったのが嬉しかったですね。とても励みになりました。これからも技術を上げていって欲しいという言葉が後押しになりますね。

 新年も更に自分自身を成長させていきたい所存です。カセットデッキだけでも、まだまだ未知な部分はあるはずです。しっかり調査・研究をして、カセットデッキを愛用されている方のサポートが出来ればと思っています。




 ところで、今日は何をしていたかですが、去年もでしたが恒例のランニング。大晦日のランナーは多いですね。やっぱり走り納めですかね(笑) 商店街は年末休業でシャッター街になってます。時代の流れで、こういった商店街も少なくなってしまうんでしょうね...


201712311749487e6.jpg




 今年も訪問していただいた方々、ありがとうございました。

 新年も金のホイッスル、そして西村音響店をどうぞよろしくお願いいたします。

 良いお年をお迎え下さいませ。



★音響店ブログの更新が多忙で止まってしまっています。申し訳ありませんm(_ _)m 
 初日の出に出かける前の時間を使って順次書いていきます。
 12月は10台くらい修理依頼がありましたので書く量も多いですが、
 しっかりレポートとして残します。どうぞご覧下さい。








関連記事

自動はんだ吸いとり機導入。

 電子部品を取り外す時は、はんだを吸いとる必要がありますが、吸い取りの方法としてはポンプで吸い取るか、吸取線(ウィック)を使う方法の2つがあると思います。両者とも安価で済みますが一長一短です。

 しかし、最近は作業数も増えたこともあり、自動式の吸い取り機を導入することにしました。


 導入したのはこちらで、太洋電機産業が「グット」というブランドで販売している自動吸取り機です。ハンディータイプで、コンパクトなものです。価格はだいたい18,000円でした。

b20171211-01.jpg


 安い手動式の吸い取り機は、1回吸取ったらリロード?しなきゃならないので、何回もやっていると特にこの寒い時期だと、手がつったりとか・・・ 吸取り線はすぐに無くなるし・・・ これを使ってどれくらい速く作業できるかが楽しみですね。多少慣れが必要かもしれませんが、大したことないでしょう(笑)

 


b20171211-02.jpg


 キャリングケースに収まっていて、携帯性を重視したモデルです。太っい電源コードに驚きましたが、まぁまぁ電気食うんですね。MAXで60Wだそうです。それはそのはず、真空ポンプを搭載した半田ごてですから。



b20171211-03.jpg

 プリント基板から金属加工まで対応できるようになっていると思いますが、温度調節機能付きです。250℃から450℃の範囲で調整ができます。グリップの下にボリュームがあるので、ドライバーで回して調整します。デフォルトは380℃になっています。



b20171211-05.jpg

 こて先には小さな穴が開いています。ここから吸引します。もし詰まったときは付属のクリーニング用の棒を突っ込んで掃除してくださいとのことです。交換も可能で安心ですね。ちなみにヒーターは加熱性能の高いセラミックタイプです。


b20171211-04.jpg

 吸取られたはんだは、ここへ溜まります。中にスチールウールとフェルトが入っていて、その先に真空ポンプが繋がっている構造です。簡単に言うと、家庭用掃除機のはんだ版です。ここの吸取ったはんだが溜まる部分はカートリッジと呼ばれますが、ここも交換できます。掃除機でいうと紙パックの部分ですね。


 こて先が太い分、本当に狭いところへは使いにくいと思うので、状況に応じて吸取り線も使うといった方法が良さそうです。吸取り線は狭い場所や、吸い切れなかったはんだの処理に適していますので、補助道具としてあると便利です。むしろ、あった方が確実ですね。




 
関連記事

プロフィール

Nishiko@Chan-nishi

Author:Nishiko@Chan-nishi



★西村音響店
 カセットデッキやビデオデッキの
 ご相談・修理を受け付けています。
 info@nishimurasound.jp
 までお送りください。
 詳しくは西村音響店ホームページを
 ご覧ください。
 



goldenwhistleのTwitterはこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者累計(2014.8.22~)