金のホイッスル ★★ホイッスル★★
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索欄に「愛笛」と入力したら...

 もう3年ちかく前ですが、僕が笛(ホイッスル)ネタで色々喋りましょうよということで掲示板を作りました。掲示板の名前が当初は一応仮の名前で「愛笛はずっと一緒だ(仮)」としてきましたが、結局(仮)がとれないまま今日に至りました。もう仮の名前じゃないと思いますけどね。



 それでちょっと、愛笛で検索してみようかなと入力したら、候補に掲示板の名前が。

b20171116-01.png



 もしかして、いつも参加してくれている人以外にも覗きに来てくれているんですかね。いつの間にか、萌え要素もある掲示板になってしまいましたけどね。別に僕も笛が大好きなので、笛をネタにした画像も全然OKです。


 お仕事で笛を吹いている方も参加しに来てくれて、とてもいい話を聞かせてくれることもありましたね。笛を吹く仕事って案外あるんじゃないですかね。ちなみに僕は、仕事で笛を吹く事はありません(笑) でも笛は好きです。


 どこが好きかといったら、音と形ですね。特にコルク球が入っていて金属の笛。これが僕が小さい時凄く好きでした。金属製の笛といいたら一般的には銀色を思い浮かべますが、高校生の時に金笛と出会って感動してますます笛が好きになったというわけです。

 金属の笛ってちょっとアンティークっぽい感じもありますから、雰囲気がとても良いと思います。なによりカッコいいです。



 でも1回くらい、コルクなしの笛は吹きたいと思っていますが、ずーっと吹かないまま今日に至ってます(笑)やっぱりコルク球がある笛の音が気に入っちゃっています。
 
 
スポンサーサイト

野田鶴声社のホイッスル 渓谷での笛の響き



 青春18きっぷが残り1回残っていたので、飯田線の為栗駅に行ってきました。

 本当は飯田線を全区間乗り通して、中央線で帰ってくる、いわゆるぐるっと1周するルートで行きたかったのですが、ちょっとハードということで秘境駅訪問にしました。

 為栗駅は渓谷の中にあって、

    こんな綺麗な渓谷で笛を吹かないわけにはいかない!

 ということで、響かせてみました。

 




  
 色んな場所で笛吹くのもいいですね。

 くれぐれも遭難信号と間違われないように気を付ける必要があります。

 山には笛が必需品です。熊よけなどにも役立つそうです。

 山だけでなく常時携帯していてこそ、命を守ってくれる真の笛です。


「笛」か「ホイッスル」か。どっちで呼んだほうがいいのかな。



 今日は、タイトルにあるように「」と呼ぶのか、それとも「ホイッスル」と呼ぶのかについてのお話です。

 「」といっても色々あると思います。小学校でやったリコーダーもそうですし、和楽器だと篠笛とか、なかなかどういう物が笛と呼ぶことが出来るのか難しいところですが、だいたい金管楽器以外で吹いて演奏する楽器が当てはまるんじゃないでしょうか。



 では本題はこちら。これ、みなさんなら何と呼んでいるでしょうか。


b20170906-01.jpg


 人によっては、「」。また違う人によっては、「ホイッスル」。またまた違う人は「呼子笛(よぶこぶえ)」と呼んだり。ふと、どーでもいい事を思いついたわけでありますが、人によって呼び方が違ったりするのかなと思ったわけです。

 自分の周りでは「」が多かったですね、家族は影響を受けているのか「ホイッスル」と呼んでますが。なんか職業柄呼び方が決まっていることもあるかもしれませんね。

 ちなみになんですが、「」はもちろん日本語、それで「ホイッスル」は英語。アルファベットだと"whistle"となるわけですが、辞書だと他にも船舶などの汽笛も同じ単語で、こっちのほうがどうやら合図という意味合いが強そうですね。名詞ではなく動詞で使えば、笛を吹いて合図するという意味になるそうです。例えば、
 

   I whistle for help.   (私は笛を吹いて助けを呼ぶ)

 というような感じになるんでしょうかね。高校生のときは英語が一番成績よかったのに、今はもう完全に自信無いです(笑) 過去形だとどう変化させるんでしょうか。そのまま"d"をつけるだけ?やっぱり英語は頭で覚えてもダメですね。

 それで、日本語のだと少し楽器っぽい感じに。んー...その中途半端な位置いるのが、「ピーッ!!」と鳴る笛なんですよね...



  今回は「ピーッ!!」と鳴る笛の呼び方のお話でした。

  久々に2002年日韓W杯モデルの笛を出演させてみました。最初は眩しいくらいに輝いていましたが、だいぶ色褪せちゃっているんですよね...まぁ色褪せるのも逆に使用感が出て良いですけどね。楽器と同じように。ただ好きで連れていてお守りみたいですが、大事な笛です。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 昨日(2017年9月5日)で、訪問者カウンターが「30,000」に到達しました!
 ご愛読されている皆様に心から感謝申し上げますm(_ _)m            
                                               
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール

Nishiko@Chan-nishi

Author:Nishiko@Chan-nishi



★西村音響店
 カセットデッキやビデオデッキの
 ご相談・修理を受け付けています。
 info@nishimurasound.jp
 までお送りください。
 詳しくは西村音響店ホームページを
 ご覧ください。
 



goldenwhistleのTwitterはこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者累計(2014.8.22~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。